既婚者がマッチングアプリを利用して感じること

既婚者なのですが、たまにマッチングアプリを使うことがあります

既婚者なのですが、たまにマッチングアプリを使うことがあります / 実は最も気楽なのは、結婚している身同士で出会うこと / 連絡を取り合う仲になるだけでゴールという考え方もあります

私は既婚者なのですが、たまにマッチングアプリを使うことがあります。
正直なところ倫理的にどうなのかというのは、かつては再三考えていました。
ですが今はほとんど抵抗もなく、あっけらかんと利用しています。
もちろん既婚者の事実は、プロフィール上に堂々と記載してあります。
後からトラブルになるのは嫌ですし、私がそういう立場と知ってでも会いたいと思ってくれる人がいるならそれがベストだからです。
とはいえそれにより厳しい言葉を掛けられることもあり、考え方や価値観は改めて十人十色なのだと実感しています。
やはり多くの人が思うのは、マッチングアプリを使っている時点で不倫なのではという部分です。
確かに配偶者がいながら新たな異性との出会いを探すのは変に見えますが、何も肉体関係を結ぶ相手を探しているとは限りません。
私の場合は普通に飲みに行ける友人や、メッセージアプリの方で他愛もない会話ができる人をメインに探しているのです。
それでも既婚者というだけで色眼鏡で見られてしまい、頭ごなしにおかしいと言われるのは腑に落ちません。
それからこれは妙な話で、私が既婚者だからこそ好き好んでアプローチをしてくる異性もいます。
よく男性の中には人妻が好きな人もいると聞きますが、女性にも妻帯者が好きな人がいるのです。
そういう意味では、出会いの場では結婚しているからこそのアドバンテージもあるのではと最近考えるようになりました。

ペアーズエンゲージは

・本人確認書類
・独身証明書

の提出が必須なので、既婚者は確実にいません。


しかし紹介人数が月30人までなのと、入会費9800円+月会費9800円が必要。


今ならキャンペーンで入会費は無料だそうです。
4/15まで。
https://t.co/pk7ROzEUMo

— 涼子@マッチングアプリ結婚 (@ryoko__xyz) March 31, 2020